【12月分2】ALS研究への支援をつづける「せりか基金」のためのアート企画「感情の物語」+みじんこ | 細胞アーティストOuma/みじんこのショップ

1/2

【12月分2】ALS研究への支援をつづける「せりか基金」のためのアート企画「感情の物語」+みじんこ

¥ 3,265 tax included

Shipping fee is not included. More information.

「宇宙兄弟」から生まれたALSという難病の治療研究を支援する基金「せりか基金」。
「宇宙兄弟」に出てくるお医者さんの伊東せりかさんは、お父さんがALSで亡くなっています。彼女の宇宙での研究はALSの治療薬の開発に関係するものなんですね。

物語が現実の医療に貢献しているというのがとても好きで、みじんこも2020年1月から毎月3265(みじんこ)円を支援しています。同時に、支援額と同額のアート企画や作品を毎月2点販売しています。

【オーダーいただいた時にお送りするもの】
・作品企画書「感情の物語」
・みじんこ1人(額はありません)

オーダーしてくださった方には、作品の企画書とみじんこを1枚添えてお送りします。

【アート企画】感情の物語
ALSは身体が動かなくなる病気ですが、感覚や思考は変わらないんですね。ALSの有名人としてはホーキング博士がいます。表情がなくなってしまったり、うまくしゃべったりできなくなるので、自分という器の中に自分自身が収まった状態です。

身体にプロジェクションマッピングして、悲しみを表す物語、喜びを表す物語を映像で流すことで、本人の内に潜む豊かな感情を伝えようという企画が「感情の物語」です。
たとえば泣いているっていう状態を表すために、涙がぼろぼろこぼれるような映像を流したとして、人の感情ってそんなに単純じゃない気がするんですね。
嬉しいのに悲しかったり、楽しいのに寂しかったりってあると思うのです。

喜怒哀楽の4種類の感情を組み合わせて、15種類の物語が身体全体に描写されます。
この感情の動きが、患者さんと周りの人をつなぎ、物語を見る人にもなんらかの感情が想起されるといいなって思っています。

実現可能性についてはあんまり考えずに、自由にいろいろ発想してるところですが、
病をもっと美にする方法はないかっていうのは、ずっと模索しているところです。

応援してくださる方は企画を購入していただけるとうれしいですよ!

==========

医療とアートとして現在、考えていることは、こちらにまとめているので、もしよければどうぞ!
https://note.com/ouma/n/n1f9d10a791be


▼「せりか基金」に直接支援したいよ!という方はぜひこちらを見てくれるとうれしいですよ!
https://landing-page.koyamachuya.com/serikafund/

Add to Like via app
  • Reviews

    (7)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥ 3,265 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品